MENU

返済ができなくなった債務はどうするか

個人が借りるキャッシングであっても事業で借りた融資のお金であっても、どちらも借金である点には変わりはありません。返済ができなくなれば法的な手続きを取られる可能性もあり、払えないからと借金をそのまま放置しているのは大変危険です。

 

払えると約束をして借りているわけなので、返済ができないならしっかりとした手続きで解決をしなければなりません。借りるときだけいい顔をして、いざ返せなくなったらそれっきりというのでは、さすがに大人としての人間性にも疑問符がつきます。

 

もちろんそういった感情論だけでなく、様々な面で払えない借金の問題は大きくなります。個人が長期に渡って滞納とすれば信用情報機関で記録されている情報にネガティブな内容が記載されることとなり、今後数年間に渡って新規でのカード作成が難しくなります。

 

事業主の場合にも同様で、一度の返済の滞納によって今後の融資が受けられなくなることもあり、事業を続けていく予定であれば将来的に大きな障害となってしまうことでしょう。

 

支払いが大きく遅れた時点でこれらのペナルティは課せられてしまいますが、そのままにしていつまでも解決をしないのとしっかりとした手続きで解決をするのでは、やはりペナルティの期間も異なります。しっかりと解決をした方が良いに決まっているので、借金の返済ができなくなっているのであれば弁護士への依頼での解決を進めておくべきです。

 

支払いが遅れている状態であっても、弁護士であれば滞納した借金の解決も行ってくれるので、お金のことで困ったらまずは相談をしてみましょう。