MENU

慰謝料問題の解決にも力になってくれる

弁護士事務所では交通事故の慰謝料問題に関する相談も多く、特に被害者側がしっかりと損害賠償の請求ができない、獲得ができないといった内容が多くなっています。

 

交通事故の被害者となると加害者側の保険会社と示談の交渉をする場合が多く、なかなかうまい具合に話がまとまらないものです。保険会社側のなるべく払いたくない思惑と、被害者側としては最大限に支払ってほしい損害賠償の交渉は、そう簡単にはまとまらないのです。

 

そこで考えてみたいのが、間に弁護士を立てて示談の交渉を進めることです。特に交通事故の案件に強い弁護士に依頼をして示談の交渉を進めてもらえば、保険会社が提示する金額よりも大きな慰謝料を獲得できる可能性があります。

 

状況によっては当初の提示額の数十倍やそれ以上の慰謝料となる場合もあるため、交通事故の被害者側は保険会社などの相手側の提示する示談内容で納得はしないようにし、最大限の金額で獲得ができるように進めた方が良いでしょう。

 

特に交通事故が多い地域では注意が必要で、日々多くの事故が起きている愛知県などでは交通事故のその場での示談も一般化してしまっています。その場でお示談は簡単で面倒なこともなく良いのですが、後から示談の内容を変えることが難しくなるため、事故後に暫く経ってから症状が出てきた場合などには損害賠償の請求ができなくなってしまいます。

 

交通事故の被害者となってしまっても今後の生活が安心できるように、その場での当事者同士での示談は進めないようにしてください。事故件数が多い地域での慰謝料に関する問題も愛知県の交通事故慰謝料を参考に見ておけば正しく進められるので、被害者側が損をしないようにしましょう。